データ管理

安全に保存されたデータを活用してください。

文書及びデータダウンロード

  • 全ての文書はPDFファイルでダウンロードして活用することができます。
  • 文書管理者は入力されたデータをCSVファイルでダウンロードし、業務に活用することができます
  • 文書の作成に参加した外部のユーザー(例:署名者)に作成が完了した文書を転送するように設定することができます。

入力されたデータをリアルタイムで確認

Googleスプレッドシート、 Office365にリアルタイムでデータ送信

GoogleやMS Officeのアカウントとeformsignを連動してみてください。文書に入力された内容と処理状態をリアルタイムで確認することができます。

データを安全に保存します。

AES-256方式の暗号化

eformsign は、文書に関する全てのファイルを保存する際、強力な暗号化標準に従っています。 高級暗号化標準(Advanced Encription Standard、AES)で知られているこの暗号化方式は最も高い保安を要求する米国家安全保障局1級機密に使用できるよう承認された暗号化アルゴリズムです。

このうちeformsignが使用するAES-256は最も強力なブロック暗号の一つでデータをディスクに保存する前にデータを暗号化し、当該データにアクセスしたり、データをダウンロードする際、自動的に復号する方式です。 また、暗号化されていないデータを保存しようとする場合、これを拒否するように処理されています。

TLSによる安全なデータ転送

eformsignは、お客様のデータが他人からのモニタリング及び変造がされないように、サービスでやり取りされる全てのネットワーク区間のデータをTLS(転送階層セキュリティ)を使って暗号化します。 TLS はウェブ サーバーとブラウザの間に暗号化されたリンクを設定する標準セキュリティ技術です。 この保安リンクを使用すると、転送されたすべてのデータが非公開で維持され、転送過程で誰かがデータにアクセスすることを遮断することができます。

データ管理に関するよくある質問

  • eformsignのセキュリティはどのように行われますか? Open
    eformsignのセキュリティについては、eformsignのセキュリティを参考にしてください。
  • 作成された文書に入力されたデータを確認したいです。 Open

    テンプレート別に指定された文書管理者のみ"文書管理"メニューで各テンプレートで生成された文書とデーターを閲覧及びダウンロードすることができます。

    文書管理者に設定する方法

    1. 代表管理者、テンプレート管理者にログインします。
    2. 左メニュー(≡)のテンプレート管理メニューをクリックしてください。
    3. 文書管理者を設定するテンプレートの設定ボタン(歯車形)をクリックしてください。
    4. 文書管理者設定 > 設定したいグループ、またはユーザーを選択します。
  • 外部クラウドストレージに文書を保存することができますか? Open

    外部クラウドストレージのドロップボックスは、Googleドライブ、ボックス、ワンドライブに保存することができます。 外部クラウドアカウントを接続すると、完了した文書が保存されると、そのクラウドに「eformsign」フォルダーが作成されます。

    外部クラウドストレージの連動方法 (代表管理者のみが連動設定可能)

    1. eformsignにログインします。
    2. コネクト > クラウドストレージに移動します。
    3. "アカウント認証"ボタンをクリックして外部クラウドのアカウントに連結します。

    文書がクラウドストレージに保管されるように設定する方法 (代表管理者、テンプレート管理者のみが設定でき、外部クラウドアカウントの接続が必要です)

    1. eformsignにログインします。
    2. テンプレート管理メニューに移動します。
    3. テンプレート設定アイコンをクリックします。
    4. ワークフローの設定に移動します。
    5. 完了段階のプロパティ]タブで「別のファイルストアに完了文書保存」チェックボックスをチェックします。