タイムスタンプ& 監査追跡証明書

文書の偽・変造を防止してみましょう。

文書の偽・変造検証手段: タイムスタンプ

タイムスタンプとは、一定時点(Time)の文書の状態を証明(Stamp)することで、作成完了した文書の完了時点にこの文書が存在され、それ以後に変更されていないことを証明する手段となります。

eformsignのタイムスタンプはタイムスタンプの標準であるRFC-3161を充足する認証機関を経て提供されております。 タイムスタンプが押されたPDFファイルはAdobe ReaderやFoxit Readerで開いた際にその記録を確認することができます。

文書に対するすべての記録 - 監査追跡証明書

文書に関してどのようなことが起きたのか詳しい記録を残すことができるという部分は、電子文書のメリットの一つです。 このような記録は、単に文書の処理過程を見るために、延いては文書の真偽を検証するために使用することができます。

eformsignの監査追跡証明書は、文書のタイトル、ページ数のような文書の基本情報のみでなく、最初の作成情報、署名情報、文書処理の内訳など文書に関するすべての記録を含んでいます。

文書状態とヒストリーの確認

すべての文書リストから、各文書の現在の処理状態とヒストリーを閲覧することができます。 これにより、文書がどの段階にあるか、関係者がどのような知らせを受け、どのようなファイルをダウンロードして保存したのかを確認することができます。
  • 文書状態の情報

    文書処理段階、処理者の情報(氏名、電子メール、電話番号)、処理日時など
  • ヒストリー情報

    文書のお知らせ(メール、SMS、プッシュ、メッセンジャー)履歴、タイムスタンプ発給履歴、PDFファイルの送信履歴など

タイムスタンプ&監査追跡証明書についてよくある質問

  • タイムスタンプは、どのように設定しますか? Open

    タイムスタンプは、会社の代表やテンプレートの管理権限を持つユーザーのみ設定することができます。

    1. eformsignログイン>テンプレートの管理メニューをクリックしてください。
    2. タイムスタンプが押されてなければならないテンプレートを選択>テンプレートの設定(歯車状)ボタンをクリックしてください。
    3. ワークフロー設定>完了段階の属性タブに"タイムスタンプを適用する"をチェックしてください。

    これから設定されたテンプレートで文書を作成すると、完了した文書のPDFファイルにタイムスタンプが押されています。タイムスタンプが押されたPDFファイルは、Adobe Readerで開いた際に、履歴を確認することができます。

  • タイムスタンプが適用された文書はどう確認できますか? Open
    タイムスタンプが押された文書を確認するには、該当文書をアドビアクロバットのリーダーで開く必要があります。(ダウンロードリンク)アドビアクロバットのリーダーで開くと、文書の上段に文書の認証有無が表示され、署名パネルをクリックして署名の有効性を確認することができます。
  • 監査証跡証明書とは何ですか? Open
    監査証跡証明書とは、電子文書に対して文書の処理を示して証明書です。 文書の基本的な情報、作成情報、処理履歴、署名履歴などの文書に関連するすべての情報を記録した文書です。 文書の処理と参加者情報、署名日時などを確認するために使用します。